フルボ酸シャンプー

人気ランキング
フルボ酸
最新 2020年版



【頭皮と髪の悩みを解決するフルボ酸】

フルボ酸時代   健康ブーム、オーガニックブームで白熱している近年、今まで一部の理美容業界やエステ業界のプロフェッショナルな方くらいしか知らなかった『フルボ酸』という新成分が脚光を浴びつつあります。

  フルボ酸とは、恐竜が地球を席巻していたおよそ1億年前の腐植土と呼ばれる堆積層から抽出したオーガニック素材で、自然界での奇跡的な条件下で形成されたかなり希少で高価な有機酸です。

  その中には自然界が蓄えた約70種類の希少なミネラルも含まれているようで、鉱物ミネラルが主体のサプリメント等の体内吸収率が2%程度なのに比べ、野菜と同じ植物性ミネラルが主体のフルボ酸ミネラルの体内吸収率はなんと96%! 健康面の効果が期待できる飲料なども商品化されているようです。

  このフルボ酸のミネラル吸収率に着目して、シャンプーなどが商品化。ネットで探しただけでも、種類や効果が多様だった り、金額の幅も広いためどれを選べば良いか分からないほどフルボ酸シャンプーが溢れ返っています。

  実際、フルボ酸は頭皮を健康にして毛髪を育てる栄養素の体内吸収を促進させる効果があるらしく、頭皮や髪で悩んでいる方、特に将来的な抜け毛や薄毛を予防したい方や現状の頭皮と毛髪状態の維持と改善をしたい方に人気があるそうです。

  ここでは、通販で人気があるフルボ酸シャンプーの中でもフルボ酸表示のあるシャンプーに厳選してランキング紹介したいと思います。








【いろいろなフルボ酸商品】

裏表示とインキコード   フルボ酸シャンプーの中で「フルボ酸表 示のある」とはどういうこと?っ て、思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はフルボ酸含有シャンプーとキャッチコピーに記載がありながら、裏面の成分表示に「フルボ酸」の素材表記がない商品が ほとんどでした。

  これには調査開始した筆者も驚いたのですが、流通していたほとんどフルボ酸といわれるシャンプーに「フルボ酸」と表示できる素材が使わ れていませんでした。大抵は「フムスエキス」とか「フルボ酸エキス」という素材が代わりに使われているようです。

  そこでこれらの素材は何んだろうかと、化粧品素材に詳しい日本化粧品工業連合会のインキコードを調べたところ、「フムスエキス」は「土壌の栄養分を抽出したエキス」と注釈があったものの、フルボ酸の含有量はおろか、フルボ酸成分の有無にも言及されていませんでした。恐らく、土壌の中には微量ながらフルボ酸も入っているという解釈なのでしょうか。フルボ酸の含有量は不明のようです。

  「フルボ酸エキス」については、日本化粧品工業連合会のインキコードには登録されていませんでした。つまり、化粧品の素材かどうか不明な素材?  そもそもフルボ酸にエキスというものが存在しそうにないので内容成分の調査もできませんでした。

  また、「フムスエキス」や「フルボ酸エキス」を使用した商品で「フルボ酸の高配合」と大々的に表示している商品がありますが、そもそも 元の素材のフルボ酸含有量が不明なため意味がないと 思われます。

  このようにフルボ酸商品が市場に溢れだしてくるようになると、色々な商品が出回っているようです。






【高配合にはご注意を】

高配合   もうひとつ盲点として、裏表示にフルボ酸の表記があるからといって安心できない商品もあります。それはフルボ酸の配合量があまりにも高い場合です。

  「配合量の高さって言われても分からない」

と言われるかも知れませんが、化粧品の作り方も分からない私たちでも簡単に見分ける方法があります。実は裏表示に列記されている含有素材は、商品内の素材の多さ(※パーセンテージ)の順になっています。

  つまり、上位に記載されている素材ほど多いということになります。

そしてどんな化粧品でも「水」より多い素材はないため「水」が一番にくるのですが、もし「水」より上に素材名が記載されている場合がありましたら、化粧品自体に問題があるか表示違反の可能性があるため使用を控えたほうが良さそうです。

  また、「フルボ酸」の場合ですが、「水」の次に「フルボ酸」の記載がある場合も要注意です。フルボ酸には他の素材よりも遥かに優れた『キレート作用』があるため、配合しすぎると沈殿減少が起こります。この沈殿自体には害はないため健康被害等の問題はなさそうですが、見た目が不快なのと、成分が凝縮して商品としての価値がなくなるそうです。そのためどんなにフルボ酸を高配合したくても、配合量は抑え気味になってしまうそうです。

  よって「水」の次に「フルボ酸」の記載がある場合、そのフルボ酸の品質を疑わなくてはならなくなります。これはガソリンに例えるなら「レギュラー」と「ハイオク」の関係のようなもので、レギュラーをどんなにたくさん入れても、ハイオクに進化することがないのと同じと理解していただくのが良いかもしれません。

  もうひとつ、「フムスエキス」を配合する商品の説明で、「フルボ酸に良い成分を加えたものがフムスエキスです」という記載を目にしたことがありますが、本物のフルボ酸を配合している場合は、「フルボ酸+●●+●●+・・・」と良い成分を明記して加えていくだけで、フムスエキスと一括りにすることはないようです。成分をわざわざ入れているのであれば、その成分も知りたいですからね。明記しないのは勿体ないものと感じます。






【栄養成分の高いフルボ酸の効果について】

抜け毛と薄毛   フルボ酸シャンプーの一番の売りは、自然治癒力を高めるといったところが評価できるポイントだと感じます。スカルプケアの商品もたくさん出回っているし効果も高いですが、いずれも「現在的」に効果が認められそうですが「将来的」にどうなるかまで言及されていないのが悩ましいところです。。

  フルボ酸の場合は、もともと自然界では土や植物を育て上げるために必要な物質なので、現在は目立つような効果が発揮できなくても、将来的に維持されたり改善される自然治癒力アップがポイントだと思われます。なので「将来はともかく今だけ何とかしたい」と考えている方にはあまりお勧めできない気がします。

  基本的には抜け毛や薄毛の予防、頭皮や毛髪状態を維持と改善に効果があるようです。

  また、「保湿効果」や「保水効果」、「乾燥してパサパサしている髪」に勧めているレビューもあるみたいですが、これはフルボ酸自体の効果ではなく、フルボ酸と結合した配合成分の効果である場合が多いので、商品選びの際は、その他の配合成分も見て「保湿」や「保水」、「乾燥髪」に効果のある成分が含まれているか調べた方が良さそうです。

  さらに白髪への効果ですが、日本毛髪協会の会員様にも伺ったところ、白髪の場合は精神的なストレスや、食事摂取状況など、複合的な要因が圧倒的に高いそうで、シャンプーで改善されることはそもそもないそうです。中には抗酸化作用で白髪が予防されるという方もいるので、信憑性には留意した方が良さそうですね。






【使用感と泡立ちについて】

泡立ち   フルボ酸に限らず、オーガニック系のシャンプーで「泡立ち」や「使用感」を過度に追及するのは止めた方が良さそうです。

  そもそも泡立ちを良くしている成分は洗浄剤であり、肌に悪影響を及ぼしやすい洗浄成分ほど、泡立ちが良く洗えた気分になります。あと、使用感についてもオーガニックに近いほど不具合 も多いのが現実です。

  シャンプーメーカーも、それらを気にしてオーガニック系でも「泡立ち」や「使用感」をなるべく高めようとしていますが、限度があることを私たち使用者も理解したほうが良いかもしれません。

  ちなみに個人的にはフルボ酸と相性が良いのはアミノ酸系やベタイン系の洗浄成分で、泡立ちと指通りもそこそこではないかと感じます。少なくとも硫酸系のシャンプーは、頭皮を傷めるのでなるべく避けて欲しいというのがアドバイスです。







【フルボ酸とは】

フルボ酸原液   フルボ酸とは、1億年前の堆積層(腐植土層)から抽出した有機酸だそうで、1cm形成するのに100年かかる腐植土層の中に微量にしか存在しない貴重な物質とのこと。金色の輝きを放つことから、黄金にも勝るオーガニック素材として重宝されているようです。

  そのフルボ酸の自然界での役割は

  大地においては『良質な土を作り上げ』

  植物においては『強い根を作り上げ』

  動物においては『健康な身体を作り上げる』

  『生命の原動力』としての存在。

  その秘密こそ、1億年の歳月をかけてフルボ酸が育んだ70種類を超える『良質なミネラル成分』にあるようです。

  例えばサプリメントでこの分量の栄養補助をするとなると70種のサプリメントが必要とのことですが、フルボ酸なら15ml~30mlで補填可能。

  人工的に配合された栄養バランスではなく、地球自身が長い年月をかけて作り上げた本物のオーガニック素材であるため、その微量な配合バランスこそがフルボ酸の最大の魅力のようです。

  【出典】㈱日本フルボ酸総合研究所HP「フルボ酸とは」より抜粋






【フルボ酸シャンプーのまとめ】



ここまでお話しした通りフルボ酸シャンプーを選ぶときは、
裏表記や成分表示に『フルボ酸』という表記があれば

フルボ酸は確実に配合
されています
し、

その場合は微量でも効果を発揮するそうです。


何しろ自然界では土壌の中に極微量に存在するだけで、
植物をスクスクと健康的に育て上げるの ですから。。


個人的に使用した感想も入れてみましたので、

是非参考にして自分に合ったシャンプーを見つけてみてください。




fullpure
第1位 (※2019年1位 ← 2018年2位) 
フルピュア 
F2a(エフツーエー)シャンプー



日本で唯一のフルボ酸の専門会社が開発したトリートメントいらずのシャンプーです。
主に女性に適したシャンプーという印象でありながら、肌の弱い方や赤ちゃんでも安心に使えるという実感で す。
世界ではじめて製品化したフルボ酸の化粧品原料に、今話題のフコイダンを加えたことでカサカサの頭皮やパサパサの髪質に適度な保水・保湿効果とハリ・ コシ・ツヤを同時に加えられるのが特徴です。
29種類のハーブオイルにより、しなやかな指通りが実感できるシャンプーという印象です。


【内容量】300ml
【販売価格(税別)】4,000円
【販売会社】㈱日本フルボ酸総合研究所

商品ページ

cultivo
第2位(※2019年3位 ← 2018年4位)
カルティーボ
プライムリッチシャンプー


美容専門会社がオリジナル開発した理美容専用のシャンプーです。主にプロ向けのシャンプーという実感です。オリジナル配合 したエイジングケアオイルを加えたことで、ドライヤーの熱にも耐久性があり、髪にふんわりとした柔らかさを与えられるのが特徴です。弾力のある濃密の泡に よって、軋みと摩擦をやわらげたシャンプーという印象です。

【内容量】290ml
【販売価格(税別)】4,800円
【販売会社】㈱SOCIUS

商品ページ
pura
第3位(※2019年2位 ← 2018年1位)
PURA 
スカルプシャンプー


埼玉に本拠地を置くヘッドスパの専門店PURAが開発した頭皮用のシャンプーです。主に男性向けのシャンプーという 実感です。オリジナルの天然ブレンド精油が、髪と頭皮に適度な保湿を加え、洗い上りもスッリさせているのが特徴で す。頭皮の健康維持、改善を目的としたシャンプーという印象です。

【内容量】500ml
【販売価格(税別)】4,500円
【販売会社】PURA

商品ページ
lelien
第4位(※2019年4位 ← 2018年5位)
ルリアン 
ラグジュアリースパシャンプー


ヘアケアの専門会社が開発したシャンプーです。主にプロ向けのシャンプーという実感です。ヘッドスパの専門家との共同開発 で頭皮の健康を追求し、オリジナルの天然バナジウム水を使用することで天然ミネラルを加えたことが特徴です。イギリスのナチュラルフラワーを主原料とした オリジナルブレンドの香りと、スタイリングに特化したしっとりとしたシャンプーという印象です。

【内容量】150ml
【販売価格(税別)】5,500円
【販売会社】㈱ルリアンジャパン

商品ページ

ripurote第5位 (※2019年5位 ← 2018年3位)
レナチョレーションシャンプー

アメリカの健康飲料会社が開発したシャンプーです。主に外国人向けのシャンプーという実感です。メキシコの自社農園で特殊栽培したアロエやネロリを配合 し、リラクゼーション効果を高めたことが特徴です。適度な泡立ちもありますが、外国人の髪質に適しているシャンプーという印象です。

【内容量】360ml
【販売価格(税別)】6,750円
【販売会社】㈱ミヤモンテ

商品ページ

Copyright 2019 ASUNA